忍者ブログ
This blog is Written by 過月彪梦,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
†やカルテの内容にはグロテスクや残酷な表現があります。御注意下さい。
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
過月彪梦
性別:
非公開
自己紹介:
当ブログはキャラクター墓地/特殊駄文作成/全キャラクター共通連絡にしか使用されません
過月と連絡が取りたい場合は
[alialaaアットjudgmentドットvipドットcoドットjp]か
[御存じならば)ケータイアドレス]へ
過月の現状が知りたい場合は
[リンクのメインブログ]へいらっしゃって下さい。
ブログ内検索
アクセス解析
[PR]
[19] [20] [16] [15] [14] [13] [12] [10] [9] [8] [7]
07/28 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終更新日時【07/10/22 5:40】事情解説を最下部にリンク


この記事を御覧になる皆様へ

私の行動は全て誤っていたとしても、私はそれ以外を知りません。
知る機会を逸しているからです。
だからこの決定が例え間違いだったとしても私には正解にしか思えないもので
恐らく咎めを頂いたところで変えられないものだという事を御承知下さい。


私は、多大な被害を出しました。
彼らを思い遣れど私にできることは少なく、結果として最悪のシナリオばかりを選んできました。

これが私にできる最後の事だと思います。


「過月綾霧」もしくは綾、阿修羅名義で作成されたキャラの永久凍結をここに宣言します。
(課金、アイテムやイラストの購入・変更、設定変更を除いたあらゆる行為を今後一切おこないません)

彼らは普通の人として、普通の生活を行う事でしょう。
私の手を離れた存在は自らの意思で進み始めます。
彼らは自由になったんです。


思えば、月は1つでよかった。
何故いつまでも気がつく事ができずに第3の月迄産まねばならなかったのか。
私はいつまでも気に病むでしょう。
でもそれが私に科せられた確実な罰。
幾つもの命を、幾つもの思いを壊した私への罰。


この勝手な決定にお怒り下さるならば、
どうしても言いたい事があると仰られるなら幾らでもお相手致します。
alialaaアットマークjudgmentドットvipドットcoドットjp(片仮名を記号に直して送って下さい)

各々通常使用出来る連絡手段がありますが、あまりログインできない・メールを受け取らないのがありますので上記に連絡していただければと思います。
お手数かけて申し訳ありませんがご意見をお聞き出来ないのは嫌ですので承知下さいませ。
(一週間経っても返事がない場合は再送してみて下さい。アドは捨てでもなんでも構いませんので)
(※お名前だけしっかり書いて下さい。誰だか分からないと返せません)

この宣言は殆ど個人にや集団に宛てて連絡してないので見つけた時には大分たっているかもしれませんが、何か思ったら送って下さって構いません。
又、後になってみたら送りたかったなんて事もあるでしょう。
いつでもお返事致しますのでお気軽にどうぞ。


あまりにも答え迄に時間をかけ過ぎた事、お詫び申し上げます。
ただ、そこに接続することが予想以上の負荷になっていたことは原因の一つであったという事を認知して頂ければと思います。
言い訳にしかなりませんが。




ソレンティアから御覧の皆様へ
短い間でしたが突然消えて申し訳ありませんでした。
上記アドレスからでしたら連絡できますので何かございましたらお送り下さい。
お手数かけて申し訳有りません。

ラキ関係者様へ…非常に何を言ってるかわからない子でしたが楽しんで頂けていたならば幸いです。
シエル関係者様へ…英語多用は不慣れでしたので色々間違っていそうで怖かったです。
         良き方々と会えてシエルも幸せだったようです。有難うございました。
燈灯関係者様へ…この子の愛されている様子を見て、涙が出ました。
        元になった子にそのままでした。愛してくれて有難う、一緒にいてくれて有難う。
        あなたたちに心からの感謝を。
彰関係者様へ…この子には私の肩代わりをしてもらっていました。
       どうしようもない気持ちを語ってくれました。喜んで語ってくれました。
       彼は、私の手の中に生まれた事を喜んでいました。
       そして貴方達という可能性に牽かれていました。とにかく、有難う。それだけです。


シルバーレインから御覧の皆様へ
銀雨で私がなすべき事はなしました。彼らの誰一人も欠けず最後迄生き残る事。
これが私の科した第一の目標だったのである意味でこれは正しいと思っています。
とても、楽しかった。
あなた達と過ごせて幸せだった。
誰も皆孤独から始まって幸せになるというシナリオはあまりにも美しすぎるかもしれない。
けれど私は満足しています。彼らが巣立っていくことも、貴方たちに磨かれていたことも
私にとっては幸せな思い出です。ありがとう。ありがとう。

→月夜野よみ、及び終焉関係者様へ
彼女は孤独を選んでいました。けれどあの場所で変わっていった。
今の彼女は少し周りとは違うけれどとても明るくて幸せそうに微笑む優しい子です。
彼女は独り死んでいくよりも、生きていく方が似合っている。
そして、生かしてくれたのは他でも無いあなた方です。ありがとう
→メールォ・イヴォワール関係者様へ
もしかしたら最後迄あまりバレなかった子なのかな…
彼は、いつも幸せでしたよ。 そして今も幸せですよ。ありがとう。
→神城原柚威関係者様へ
ユイは情緒不安定でブラコンで引っ込み思案で、そこは全然直りませんでした。
でもちょっとだけ前に進んでみようと思うようにはなりました。
だからきっとこの先も大丈夫だと思います。たくさんの幸せと思い出をありがとう。
→天野魅囮華関係者様へ
人と関わらせるキャラでもないのに構って下さって有難うございました。
ミカは一生ミカのままですが思いでは褪せる事無く胸にあることでしょう。
→死花イニス関係者様へ
彼女は何も変われませんでした。いいえ、変わる事を敢えて排除しました。
死んだ兄を追いかけ続けながらこれからも生きていきます。
彼女が幸せそうに笑ったのはたったの2回だけ。たったの2回だけです。
でも思い出はキラキラ煌めいていて僅かな青春の思い出として残っていくようです。
この子だけは彼女の幸せを追ってしまったけれど、それでもただ今は感謝を。
→冰口、及び不幸同盟関係者様へ
彼女はよく頑張る子でした。自分から大量勧誘しに行くと言ったのは後にも先にもこの子だけです。
ただすぐに飽きるのが難点でしたが…まぁ、そんな適当なところがよかったのかもしれません。
なんでも投げ出してしまうような子だったけど、不幸同盟に所属していた皆の事は絶対に忘れません。
大好きです。愛してます。いつでもぎゅーってしてあげたいと思っています。ありがとう。
→ルキフィル・シルヴェスタ関係者様へ
この子はすごく愛されていました。何故だかはよく分からなかったのですが…
根はいい子なんですが勘違いされたら終りだよ?っていう発言をしていたので不安でした…
でもなんだか自信満々に歩く彼は以前より男らしく見えて、とてもカッコイイ気がします。
あんまり言い過ぎると調子に乗りますから、程程にしておきますね。
恐らく銀雨の中で一番自分の理想に合った幸せな道を選んでいた子だと思います。
巻込まれてくれて、ありがとう。楽しんでくれて、ありがとう。
→雪花月亞関係者様へ
なんだかんだ言って全く活動出来ませんでしたが彼女は彼女なりに(主にルキとのですが)思い出を作ったようです。
何よりたくさんの人と話ができるだけでも幸せだったようなので彼女にとっては最高の環境だったと思います。
どうもありがとうございました。
→棘路屍姫関係者様へ
気難しくて暴力的で、どこかイカレているような彼女でしたが本当はただの天然ボケなんです。
あんまりそうゆうところが出せなくて残念だったかな。
彼女は相変わらずあっちこっちへ出掛けては戦っていますがなんだか胸に温かいものが残っています。
彼女はもう少しで変わるかもしれません。でもそれは、私達から遠い場所でのことでしょう。
頑張って相手をしてくれて有難う。
→蔦亜月関係者様へ
過月自体がダメ麻雀っこなのでその趣味を生かそうとして後付け設定した元倉庫娘なのですが
相変わらずハンゲでひとりまーじゃんしかできてないので上達はしなさそうです。
亜月の方がもしかしたら上手かもしれません…。近況報告みたいになってしまいましたがありがとうございました。
→藤野千紘関係者様へ
友人との双子キャラという事でしたが生憎友人がほっぽらかしたので半ば一人で活動していた訳ですが
彼女はいつでもにこにこへらへらしているので大丈夫だと思います。
たぶん。 ありがとうございました。
→サリス・ヒーセント関係者様へ
なんだかんだ言って活動して無かったその2な訳ですが
彼女は恋人がいればそれで十分だったりするのであまり話が成り立たず…
この学校は空気が合うと言っていたので恐らく大丈夫でしょう。 色々失礼しました。どうも有難う。
→風峯潮
結局何の活動もしませんでした。まぁそれはそれで良かったのかもしれません。
意外だったのは「よみが連れてきたこと」「なんだかんだでルキと仲良しになっていた事」でした。
ああ、どうもすみませんでしたorz


無限のファンタジアから御覧の皆様へ
上二つと比べたらものすごく少数向けになりそうですが一応…
多くの犠牲を払って、手に入れたものがあります。
一つの命で、一つの命を守ろうとしたこともあります。
バカなヤツかもしれないけれど、あたしはとってもバカだったから
思いっきりバカと叫んでもいいです。 聞いてないフリしてますから。
本当に、ごめんなさい。これがあたしの答えです。

→リラ・フェンネル関係者様へ
我侭ばかり言っていましたが彼女は幸せな終を迎えました。
これは絶対に皆様のお陰です。絶対です!
この子で出会った方々は本当に優しくて大好きでした。有難う。
→マナ・アーキュリア関係者様へ
…いたっけ?(おい)という程存在感薄かったのですが彼らもリラ起因で幸せになりました。
見てないとは思いますがお世話になった方々には感謝しております。
→フィオ関係者様へ
色々この子には問題があったのですがなんとか解決して最後迄生きてくれました。
今のあの子と時間を過ごしてくれて有難う。
この子はずっと、自分の道を歩いていきます。
→フレイヤ・フラワー関係者様へ
この上なく御迷惑をおかけして申し訳有りませんでした。
彼女は自分なりの答えを出して新たな道へ着いたようなのでみんなで手を振ってあげましょう。
そして、彼女の幸せを祷りましょう。 さようなら、ありがとう。
→ガラクスィ・ヘヴェニー関係者様へ
結局、彼女はすごくありきたりな死後の世界というものを嫌って思い切った行動をしました。
彼女は今でもすぐ傍にいます。ずっと、ずっと彼女のままですぐ傍にいます。
それはまるで天に浮かぶ月のようなのです。
だから彼女はきっと何も変わらずにケラケラ笑っているに違いません。
彼女を幸せにしてくれた、どうしようもない子でも見捨てないでいてくれた幾人かへ最高の感謝を。
そして、いつでも巻込んでいく彼女に巻込まれてくれた愛すべきバカたちへ ありがと。
俺を愛してくれた全ての人に幸せが訪れますように。彼女は腹を抱えて笑いながらそう言いました。
→シヅク・アキカゼ関係者様へ
彼女は本当に、愛されていて幸せでした。孰れ来るものの全てを忘れる程幸せでした。
私の過ちであり、彼女の過ちでもあるあの死は銀の雨が降る世界の者が継いでいったようです。
彼女は今も笑顔でこういいます『みんなだーいすきなのだよっ♪』 ありがとう
→ミーナ・フェオ関係者様へ
オカマリザードマンという未知の領域に挑戦したのが悪かったのか最初に亡くなったのは彼女でした。
でもどこへ行っても彼はマイペースでのーんびりしていて
彼はどこであっても幸せなようでした。 一緒に楽しんでくれてありがとう。
→スピリット・オルソング関係者様へ
ある意味相当なネタキャラだったオニーサン。普通に接してくれたので正直
「あ、バレてないのかなー」とか思ってましたがどうだったんでしょうか。
まぁ彼は元になった人の方へ戻ったのでは無いかとあたしが思っているのでモデルになった人が幸せになってくれればと思います。
どうでもいい余談でしたが、付合って下さって有難うございました。
→レイナ・シーラ関係者様へ
彼女は自分の我侭で死んでしまいました。そういうのが正しいような気がします。
そもそも私の分身にするつもりだったのが寡黙で美しいおねえさんというイメージになってしまったものでなんだかもう私自身は遣る瀬無いのですが…
とにかく、彼女は見守る事に徹するのが苦ではないようなので私と一緒に私を構成するでしょう。
幸せに…。
→ロゥァ・アイシクル関係者様へ
案外弱気な癖に頑張ってしまう少年はいつの間にかまともな青年になっていました。
ガーラの代わりに成長したと言っても過言では無いでしょう。
彼はこれからも成長しますしいい男の子になっていくことでしょう。
僕を育ててくれて有難うと、すごく照れくさそうに言ってる事をお伝えしたいと思います。
ショタは大変でした。とにかくありがとうございました。
→ルナ・マアヤ関係者様へ
ぼろぼろになってしまったフレイヤの魂をずっとずっと抱き締めていたのは彼女でした。
彼女はフレイヤの正当な後継者でありうまれるべくして生まれてきたと思ったりもしました。
彼女はいつまでもあなた方との思い出を忘れません。
今日も幸せそうに空を眺めるのです。   ありがとうございました。
→メイキ・ツユクサ関係者様へ
まず、普通に生活していた頃の方々へありがとうございました。
メイキはとにかくクールだと思っていたらクーデレっぽいタイプだったようで豹変していたのが面白かったです。
お酒飲んだらきっと今でも訳のわからない事とか言い出しますのでのませないで下さいね(笑)
そして件の際について。
わざわざ名前の知れていないこの子出すのは卑怯だったのかもしれませんが、私個人の問題で他の子の名まで穢す訳にはいかなかったのでそうしました。
メイキは本当に私の言った通りをとおせる子だったのでやりやすくもありました。
御迷惑をおかけしてすみませんでした。でも、迷惑をかけていたのは私だけではないですからおあいこにさせてください。
→ルシェル・ミミ関係者様へ
めいっぱいのロリをやってみようと始めてみたもののある意味相当辛く、そして幸せなものでした。
彼女は生まれも育ちも虚無です。彼女はなんでもありません。
だからこそ、あの幸せはとても温かく 今も虚無に漂う彼女の魂の中でその存在を示し続けています。
ああ、だから本当に、生まれてきたあの子を愛してくれて
歪んだ存在だったのにただ純粋に愛してくれて ありがとう。
→リリス・サキュヴァス関係者様へ
できればセイレーンはえっちぃ感じで。それが彼女の原点でした。(全然感動できませんが
彼女はただ唯一の弟を愛し、唯一の友達を愛し死んでいきました。
自分の未来と友の未来を冷静にみつめて、大切な方を選んだだけなのです。
だから、幸せになってね?  ありがとうございました。
→アシラ・インフィニティ関係者様へ
中々御迷惑をおかけしましたが、彼女もまたたくさんの成長をしました。
復讐者としての彼女よりツンデレとしての彼女の方があたしは好きなのでいい子になったと感心しております。
きっと、彼女は未来を生きます。そして必ず幸せになります。 だから貴方にも幸せになって欲しいと思う。
→ヒヤコ・アカリクズェ関係者様へ
本当に、短い間でしたが話題に乗り切れないおばさんは大変でした。
二十歳過ぎてて色恋沙汰一切関係なかった感じはすごくさっぱりしててよかったんですが。
ともかく、お付き合いありがとうございました。
→キルルス・メフィ関係者様へ
結局この子は隠し子状態でしたがとんでもなく環境に恵まれていたと思います。
ありがとうございました。



盛大に、ありがとうございましたー!!!

尚、本当に死ぬ程申し訳ないのですが
自主退団はしないつもりでございます。
というのも、上記3サイトにアクセスするのが大変怖くまともに触れられない状態です。
もしアクセスできるようになれば各自の判断で退団するかもしれませんが現状では無理です。
(各自=キャラ各自。我の判断ではござりませぬ故)

あんまり負担をかけ過ぎると後で色々大変な事になりますのでどうかご了承いただければと思います。
という勝手な言い訳なんぞしてるものですから強制退団はスパっとどうぞ。
背徳感なんて必要有りません。要らないと思ったらスパっと切り捨てて下さい。
キャラは消さないので(彼らはずっと生きているという証拠です)お邪魔になり次第捨てるがイチバンですよー


ついでに、あたしはあの子たちを忘れる訳でもないし巣立っていったからといってそこでおしまいではない。
墓を作るのも続けるしあの子たちの話もする。
それがあたしのやり方だから。
反芻して反芻してやっと、思いを形にするんだ。
そういうやり方しかしらないからね。


と、いつものノリに戻ってみたり。
色々出会いもありました。
そして別れもありました。
でもきっと忘れません。
あたしは、幸せでした。

不甲斐無い終わり方でごめんなさい。
そして、ありがとう。

幸せをいつかばら撒きますから拾って下さいね。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

また会いましょう。



事情解説(複雑であまり良い内容ではありませんが一応)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: