忍者ブログ
This blog is Written by 過月彪梦,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
†やカルテの内容にはグロテスクや残酷な表現があります。御注意下さい。
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
過月彪梦
性別:
非公開
自己紹介:
当ブログはキャラクター墓地/特殊駄文作成/全キャラクター共通連絡にしか使用されません
過月と連絡が取りたい場合は
[alialaaアットjudgmentドットvipドットcoドットjp]か
[御存じならば)ケータイアドレス]へ
過月の現状が知りたい場合は
[リンクのメインブログ]へいらっしゃって下さい。
ブログ内検索
アクセス解析
[PR]
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
04/25 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋風雫
ここに眠る。

幼名 九尾乃魅狐
種族 ストライダー  性別 女
職業 忍び  享年 16

地獄の第一階層エルドールにおいて黒曜宮の偵察をしていた際に周囲に配されていたアンデットに寄り攻撃される。
その後別方向から偵察に巡っていた義妹・露草明希によって瀕死の状態で発見される。
その際に遺した言葉を遺言として記しておく。
「ごめんねナディル…でも、ボクはずっと…ずっとキミのソバにいるのだよっ☆(にこぱ)  …『ジブン』をわすれないでね…」

遺言を遺した後すぐに死亡。
あまりの苦痛で笑顔もままならない状態だったが微笑んで眠った。
数時間後ガラクスィによって終世[world’s end]に運ばれる。
現在、肉体は終世の棺の中に在る。魂は未来へ。

死亡した際に自らの気持に偽って笑顔を作っていた事を悔い別生に笑顔を譲る。
別生と共に罪を償いながら進むと誓い光の世界への成仏を拒否し魂として存在している。
とある天使の少女に光の雫を手渡し、その少女は思いを胸に眠る。
そして銀の雨が降る世界の魔女と雪の花に光の雫は与えられた。


◆カルテ◆

肉体的死因:大量出血
精神的死因:大事な人を失っていく世界に耐え切れなかった為と考えられる

損失→両脚完全切断。左肩粉砕、胸の辺り迄の深い傷
処置→両足の接合…一部不完全な為ワイヤーで縫合
   左肩…縫合

所持品の譲渡等:現在未決定。
       なお、巫女服と首輪だけはそのままにする心算
       貴重品…小狐、光の雫(天使の少女/銀雨世界魔女/同じく雪の花所持)

備考:現在菜の花の花束を抱かせている


・現在の状態【良好】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: